交通事故 解決事例8

事案の概要

40代 男性 南知多町 建設業

自動車運転中に追突され、治療中から弁護士に依頼し、14級9号の後遺障害が認定され、約237万円増額できた

傷病の状況:胸部挫傷、右下腿挫創、頚部挫傷、胸骨骨折、両肩挫傷、左膝挫傷、右下腿皮膚潰傷

後遺障害 :14級9号

獲得賠償額:約364万円

 

経緯

【ご相談に至った背景】

事故に遭われ、治療中の段階から、相手方保険会社とのやりとりについて、ストレスを感じ、ご相談されました。

 

【当事務所の対応】

弁護士が窓口となり、ご本人は治療に専念することができました。

相手方保険会社からは、後遺障害等級には該当しないと主張していましたが、

当事務所が、被害者請求による自賠責保険に対する後遺障害等級認定申請を行い、頸部について局所に神経症状を残すものとして別表第二第14級9号に該当されました。後遺障害による損害金を約364万円を獲得することができました。

【結果】

当事務所に依頼した結果、約364万円の賠償金獲得に成功しました。

 

弁護士の視点から見た解決のポイント

相手方保険会社とのやりとりについてストレスを感じておられる方、適正な損害賠償を受けたいという方は、半田みなと法律事務所にご相談ください。

 

※事件内容に関しては個人が特定されないよう、若干変更して掲載しております。

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
0569-25-0008
営業時間:
平日9:00~18:00
(夜間及び土日祝は応相談)
電話受付時間:
9:00~21:00(年中無休)
半田みなと法律事務所 半田みなと法律事務所 債務整理