慰謝料の金額に納得できない

相手方保険会社から賠償額の提示を受けて、事故によって受けた痛みからすると金額が低く、納得できない気持ちになられる方もおられると思います。

交通事故の損害賠償額の算定基準には、自賠責保険の基準、保険会社基準、裁判基準という3つの基準があります。

1.自賠責保険の基準

自賠責保険の保険金の支払額については、基準が設けられており、慰謝料の目安としては通院1日あたり4200円といったものです。

2.保険会社基準

任意保険には、自賠責基準による限度額を超えた部分をカバーする役割があります。
ただ、任意保険の基準は、保険会社が独自に定めたものですので、裁判基準による賠償額より低額に設定されている場合が多いです。

3.裁判基準

裁判例をまとめた基準として、「青本」「赤本」があり、裁判で認められる賠償額の基準となっています。

請求額は一般的に「裁判基準」>「保険会社基準」>「自賠責保険の基準」

保険会社から示談で提示される賠償金額は、保険会社基準で算出されていますから、裁判基準より低い賠償額であることがほとんどです。

弁護士にご依頼いただいた場合、裁判基準で賠償額を算出し、交渉にあたりますので、金額があがることが多いです。

保険会社から提示された示談金額に納得が出来ない場合は、弁護士にご相談ください。
弁護士特約を利用できる場合は、弁護士費用のご負担のない場合がほとんどです。弁護士特約がついていない場合でも、初回相談料、着手金無料で、お受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

関連ページ

お客様の声

解決事例

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
0569-25-0008
営業時間:
平日9:00~18:00
(夜間及び土日祝は応相談)
電話受付時間:
9:00~21:00(年中無休)
半田みなと法律事務所 半田みなと法律事務所 債務整理